FC2ブログ

2018 081234567891011121314151617181920212223242526272829302018 10














スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バラ1、オペラ座 衣装のこと。


今日は結弦くんの今季衣装についてのお話。

バラード一番の初お披露目は、今年のドリームオンアイスでした。
私はニュース番組のすぽるとを見たのが最初です。

印象を思い出すために自分のブログの過去記事にいってみました。 (羽生結弦選手の衣装について、かってに語ってみた。)
yasuko46.blog.fc2.com/blog-date-201406.html 
「うーん!」 
びみょーだけどぉそこそこ美しいかな・・・。
最初に見たときは上記のような印象でした。
自分的にはそれほど悪くはないんだけれど、「うわー!」って大騒ぎするほどではなかったんですよね。


…と言っています。
当時はそういう印象だったのでしょう…。
確かあの時は、会場の照明の具合のせいもあり…まっ白い衣装に見えたんですよね!
とてもオーソドックスに見えて‥ちょっとつまんないと感じたのだと思います。

それともう一つの記事   (雨とショパンと鬼プロと・・・そしておまけ。) yasuko46.blog.fc2.com/blog-entry-30.html
この時は、スパンコールの配置が、しとしと零れる雨に似ていて…そこが好きと言っていました。

ここから中国杯ショートまで、たったの4か月ちょっと…。
不思議なことに、今は全部がとても好きになっています。A(^-^;)


バラ1 オペラ座 衣装のこと 1


最初見たとき、雨粒と思ったスパンコールの配置も、この季節になると何だか雪に見えてくる不思議…。
人間の感性なんて案外いい加減なものなんですね!(あの時は、絶対に雨粒!って思い込んでましたよ…。)

今日は衣装の話だから、演技のことについてはまた今度…と思っていたんですが、この記事の為に中国杯の録画VTRを見ていたら…やっぱり嵌って何度となく見てしまいました…。
ジャンプは上手く行かなかったかもしれませんが、すっごく進化して美しいプロになってます。
ホントはこのショートプログラムの感想もフリーが終わった後に一緒に記事にしようと意気込んでいたんですよね…。
(あまりに、ショッキングな事故があったのですっかり忘れてしまっていました…。)


バラ1 オペラ座 衣装のこと 2
バラ1 オペラ座 衣装のこと 4


最初に「つまんない!」と思ったこの衣装ですが、バラード1番の透明で美しい旋律にとても合っていると思います。
曲のチョイスも編曲も同様に華やかな部分は取り払われていますが、余計なものが付いていなくて結弦くんのスケーティングの本来の美しさを際立たせて後押ししてくれるようなそういう衣装だなと感じました。


バラ1 オペラ座 衣装のこと 5


さて、オペラ座は…。
中国杯が初お披露目でしたが…何だか衣装どころじゃなくなってしまいましたものね。
それには6分間練習のあの事故が起きる前までちょっと記憶を遡らないと…。

最初にベストを脱いだとき…歓声というか…どよめきのようなものが起きていました…。
私も思わず、ぐぐっと前傾して見入っちゃいましたよ!

思った通りオーソドックスなタイプのオペラ座衣装ではありませんでした。

他の選手と比べるとうんと奇抜ですよね…。
流石は常に斜め上を行く結弦くんらしい、彼しか着こなせない個性的な衣装です。

LIVEで放送された試合の合間に流れたインタビュー録画で、彼の演じるファントム像について語っているシーンがあります。
動画を探したけれど見つけられなかったのでTV画面を撮影して載せてみました。


バラ1 オペラ座 衣装のこと 6

ファントムって暗いイメージがある、すごく暗いというか重い。


バラ1 オペラ座 衣装のこと 7

恨みだとか憎しみだとか暗いイメージ


バラ1 オペラ座 衣装のこと 8

悪いイメージに隠された、ピュア(純粋)な気持ち


バラ1 オペラ座 衣装のこと 9

きれいな気持ちを表現できたらいい


これが結弦くんのファントム像であり、オペラ座の解釈!

そしてこの衣装にも言葉そのままのイメージを投影させていますよね。

バラ1 オペラ座 衣装のこと 10
バラ1 オペラ座 衣装のこと 11
バラ1 オペラ座 衣装のこと 12


たぶん…黒い燕尾がファントムのダークな部分の象徴で、白いシャツが悪いイメージに隠されたピュアできれいな心の部分を象徴しているんですね。(//^▽^//) (さしずめ赤い差し色は熱く激しい情熱や思いの部分かな~?!)

表面的なファントムの姿かたちを衣装にするのではなく、こころの在り様を衣装に映して、このプログラムを一層奥深いものにしているように思いました。

オーサーさんが「こんなに美しいプロを見たことがない」って以前言ってらっしゃいましたが…〝ファントム=醜い〟 という既存のイメージがある中での美しい演技ってどんなだろう?物語全体の世界観としての美しさなのかな?…と簡単に勝手に思い込んでいましたが、それだけじゃなくてこういう解釈の元に作品を作り上げていたんですね。

それにしても、個性的な衣装です。
普通じゃないとは思っていたけれど、「こう来たか!」っていうような感じですね~!

白いフリルの甘い襟もとや柔らかな袖口の感じが、結弦くんにとっても似合っています。
日本男子でこれが似合って嫌味にならない人なんて彼をおいてそうそういないでしょ。
ある意味…恐ろしい子ですねぇ…。

中国杯では事故の影響があり、完成形には遠い演技となりました…。
落ち着いて観ることができなかったしね。

でも、そう遠くない日にこの衣装を纏って演技する結弦くんを再び見ることができると思うので、今しばらく静かに待っていようと思ってます。




ポチッとよろしく!励みになります


人気ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[ 2014/11/18 ] 羽生結弦選手 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yasuko46.blog.fc2.com/tb.php/124-921c026d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。