2018 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 08














スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Gift


グランプリファイナルが始まって、サグラダファミリ教会がテレビ画面に映し出されるまで、その場所がスペインのバルセロナだという事もすっかり忘れていました。
バルセロナは前世紀末アールヌーボーの頃に活躍した建築家アントニオ・ガウディの作品群があるとして有名な都市です。





随分昔に美術系のお勉強をしていた私のあこがれの地だったのですが・・・。
中国杯とNHK杯の衝撃をそのまま引きずってしまい…それを思い返すこともままなりませんでした。


結弦くんのプログラム『オペラ座の怪人』の舞台はパリですが、ガストン・ルルーがこの小説を世に送り出した頃とガウディが活躍した時代とは、ほぼ同じ時代なのです。
場所はフランスとスペインで違っていますが…欧州の中でも、同じラテン系の血の流れるこの地という事と、ガウディの建築物の放つ時代の匂いは『オペラ座‥』ととても似ているように思います。
それを踏まえてオペラ座の怪人という選曲を多くの選手が起用したわけでないと思いますが…私的には何だかとても近い印象うけました。
バルセロナという街の持つ雰囲気と結弦くんの『オペラ座の怪人』のイメージは、GPFのフリー演技が始まる頃にはすっかり私の中で前世紀末のあの時代へリンクしていました。(^▽^;)(笑)


017_20141216220608043.jpg


さて…前置き長かったですが、本題に移ります。
このバルセロナGPF男子シングルは、結弦くんの圧勝で幕を閉じました。
事故のあった中国杯から…苦しかったNHK杯を経て、身体的にも精神的にもきっとギリギリだったはず…。
それでも高かったも壁に爪立てても、しっかりと自力で登ってきましたね!(さすがです!)

オリンピックの後はチャンピオンになったからこそのいろんな苦悩があって…そんな自分との戦いや多忙な日々の中…意識の下ではずっと葛藤していたであろうこと…。
その上、今季は初っ端から怪我に悩まされ、中国杯の事故そして満身創痍のままNHK杯に出場しました。
何とか手にしたグランプリファイナルへの最後の切符を持っていざバルセロナへ!

そして、結果はご覧の通りでした…。

途中で挫折するようなら〝ただの人〟。
でも、『 羽生結弦 』」はやっぱり違っていましたね。

スケートの神様は、ちゃんとそれを知ってて、敢て試練を与えたのかな?
何だか、二十歳になって…大人になる前の儀式みたいにも思えます…。
そう言って片づけるにはあまりに過酷で辛くって、とてもしんどかっただろうけれど…それはやっぱり神様からの彼への〝 Gift 〟だったのかもしれないと今になっては思います。
だって…普通で、考えられないような大きな収穫や、思いの変化が確かにあったでしょう…。
そして、一回りも二回りも大きくなって、再び本来の位置に舞い戻ってきました。


029.jpg

030_2014121622193898a.jpg

026.jpg



「スケート出来る事が幸せ!」、「スケートをしていて楽しかった。これだけ幸せな気持ちで滑られたのは数年ぶり」
と言っていました。
確かにバルセロナのGPFでは、子どものような笑顔で…それはそれは嬉しそうに滑っていましたものね!
この様な経験をしたからこそ、ひたすら純粋にただただ滑ることができる喜びを噛みしめることができたのではないでしょうか…。


022_20141217082305320.jpg



今度のできごとは〝 神様からのGift 〟そう片づけて欲しくないほど…皆にとって辛いものでした…。
でも、オリンピックチャンピオン後の「燃え尽きてた…」発言を思う時、初心に帰るという意味でも…とても大切なものだったと思えてなりません。
結弦くんにとって、この経験は今後もきっと宝物になることと思います。

いろんな意味で成長し脱皮して迎えた二十歳のお誕生日…新生 羽生結弦が復活しました。

キラキラと輝いて、私を幸せへと導いてくれる…〝 彼 〟という存在そのものが私にとっては…神様からの〝 Gift 〟です。


024.jpg



ポチッ!とよろしく…。励みになります。


人気ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
[ 2014/12/17 ] 羽生結弦選手 | TB(0) | CM(4)

Re: タイトルなし

4ジャンプさんへ

お返事遅くなりました~!すみません!

カナダ観光もしないような人ですからね~!
きっと観光はしないんですよね!e-350もったいな~い!

結弦くんの醸し出す〝オペラ座〟も映画に負けていませんよね!ジェラルド・バトラーも良いけれど…やっぱり私は結弦くんの繊細な心のファントムが好きです。
[ 2014/12/19 23:51 ] [ 編集 ]

Re: まさに神様からのgift(*^_^*)

ゆりかさんへ

こんばんは!(^-^)!

ホントに天使!です!
純真にリンクの上を笑顔で舞う彼はまさにそうでした…。

「スケートに心許しているから…。」
やっぱり、そこが大事なんですよね…
だからこそ…リンクの上であんな表情でいられる…。
演技しているときはもちろんだけれど、それ以外の時もいつもとても素直に自身の思いをちゃんと語ることができている…そんな人柄もやっぱり天使です。

結弦くんを見ていると…スケートの神様って本当にいるのかも…と思わずいられませんよね。!!
しかも、ただ結果だけプレゼントするような神様でなくて…ちゃんと試練まで与えて更なる成長を願っている神様…。
きっと、結弦くんだからこそ呼び寄せることができた神様ですよ。

もうすぐ全日本ですね!
冬の嵐のせいで長野は滅茶苦茶寒いそうです…。
晴れの国から…あったかいハートを持って応援に行ってきます!
[ 2014/12/18 22:40 ] [ 編集 ]

こんばんは~寒いですねぇ

バルセロナ、せっかくだから羽生くんも観光とか出来たら良かったけど、、、無理だねv-13
オペラ座の怪人、映画も良いなぁ思ったんだけど羽生くんが見せてくれた数分も負けてなかったーv-42
どんどん良い男になるね!
[ 2014/12/18 18:47 ] [ 編集 ]

まさに神様からのgift(*^_^*)

なまずやまさん、こんにちは!

ほんと、羽生結弦という存在は、私たちに数えきれないくらいの幸せを与えてくれる、まさに神様からのgiftですよね。

エキシビションのタイムトラベラーを見ていて、「本当に天使なんじゃないか」と真剣に思いました。こう思うのは毎度のことですが、今回は一層そう感じました。たぶん、結弦君自身がとても幸せそうなオーラを放っていたからだと思います。

絶対スケートの神様っていますよね。
今回の受難で、結弦君はオリンピックチャンピオンとしての変な重圧から解放されて、再びチャレンジャーに戻ることができたのですから。なによりも、スケートを滑ることに喜びを感じる気持ちを取り戻すことができたのですから(*^_^*)

全日本まであと10日、私たちファンも気持ちを切り替えて、全力で応援していきましょうね!!!
[ 2014/12/17 16:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yasuko46.blog.fc2.com/tb.php/142-d4b32b62


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。