FC2ブログ

2018 081234567891011121314151617181920212223242526272829302018 10














スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1日のエブリィ 今見ました。

*この記事は、ただいま工事中です。ご迷惑おかけしますが、とばしてご覧になってください。
 ご了承くださいませ。



最近忙しくって全く情報が追えていませんでした。
(毎回言い訳みたいになっていますが…(;`・ω・´))

24時間テレビの一夜限りのアイスショー自体は何とか観ることができましたが、前後の番宣的な特集であるとかは、ほとんど すっとばしていて今頃になってようやく少しずつみているという今日この頃。
9月1日のエブリィの特集は、24時間テレビ後の放送…そこを踏まえて敢えてもう一度の特集ですから、番組では語られなかったエピソードや結弦さんのインタビューなどの裏話的な内容が入っているのだろうなと思って早く見たかったのですが、もう5日を過ぎてしまっていました。(>_<)

私は結弦さんが24時間テレビのアイスショーに出演と聞いたときは嬉しいという反面、少し不安という気持ちがありました。

正直この特集を見るまでは、結弦さんが24時間テレビに出演して真正面から震災を振り返って見ることは 彼にとってかなりしんどい事なのではないだろうかと思っていましたから…。

色々なインタビューであるとか、報道での言葉を思い出すと「なんでそんなに重たいものを背負っていかなきゃならないんだ…」とか、「無力感」などと言っていましたし…。
その時々でいろんな想いが結弦さんの脳裏や心に去来しているのだろうなと思っていました。

この特集内で石巻の湊中学校へ寄せ書きのお礼に訪れていますが、この時も訪問前は複雑な思いを抱えていたといいます。



エブリィ 1 


この時のインタビューではこう言っています。
「話すことはすごい難しいなっておもっているんですね。僕からしたらその現場っていうのは、本当に想像を絶するような当時の状況があったわけだし…。」

お礼は伝えたかったけれど、津波で大きな被害があった場所ですから、内陸にいて津波の被害から逃れられた自分がいくことの後ろめたさを感じていたとテレビでは伝えられていました…。


湊中学校では生徒さんとの交流でたくさんの笑顔をもらっていましたね…。
下記は湊中の皆さんに向けた結弦さんの言葉です。

「オリンピック前に寄せ書きで、たくさんの湊中のみんなからメッセージをいただきました。本当にありがとうございます。」
「スケートをやっていく中で、本当にたくさんの方々に支えられました。いま当然のように生活していること勉強していること、それを自分だけの力じゃないってしっかり感じて欲しいなってと思います。本当に大変なことばかりだと思うんですけど、そこに全部〝ありがとう〟っていえるくらい感謝の気持ちを持っていれば、いつか絶対いいことがあるなって僕は信じています。」

エブリィ 2 
これは、本人が実感して 今思っている精一杯の言葉なんだろうな…。
実際生徒とのサプライズが終わったあとは、こんなふうな言葉を口にしています。

「すごい緊張しました。なに話せばいいかわからなくて…。その時その時に思ったことを、一生懸命伝えようとしたので…」と…。

上記の言葉は結弦さんが震災を通して実際に掴み取った考えや思いなのだと思います。
さらりと話ししているけれど、このメッセージの持つ意味は彼にとって全てと言っていいくらい重みのあるものなのではないでしょうか。
自身で震災というものを経験し、スケートをする使命みたいなものと 人として今すべきことの間で葛藤し、そして得たものなのだと思います。

今思えばオリンピックが終わったあと、ずっと続くアイスショーはまるでお礼行脚のようで、かなり張り詰めてやっていたように思います。

でもそれはある意味彼にとっての次に行くためのステップに他ならなかったのだと思ました。


結弦さんはとても謙虚で素直な人です。
これまでスケートを続けてこれたことは、周囲の方々のおかげと感謝の心を忘れたことはありません。
上記の言葉にもありますが「ありがとう」という気持ちを常に持っています。


そのことなどからも察することができるように、だからこそスケートを優先していて寄り添えなかったという苦しさを、スケートとの中で昇華させて死に物狂いでやってきたのだと思います。(命賭けてやっていますから)
きっと今もずっと気にかけているのでしょう。
本当は誰よりも心の部分では被災地に寄り添っていたのかもしれないのに…ですよ。
実際にオリンピックでは金メダルを取ってきてくれたのだし、ほかの誰より うんと皆に勇気と笑顔を与えてくれたのだと私は思っています。

今回の湊中訪問で生徒さんと触れ合う中で沢山の笑顔をいただけて、結弦さんもとても晴れやかないい笑顔になっていました。
結弦さんはたくさんの方にいつも感謝していると言いますが、自分もたくさんの方々に抱えきれないほど笑顔や勇気や幸せを与えていることに気付いているのでしょうか…。
たぶん湊中の皆さんと触れ合うなかで実感したことと思います…。


エブリィ 3 


私はただのファンの1人ですか、被災地の皆さんと同様にたくさんのものを彼から戴いていると思っています。
ですから、誰より結弦さんにはいつも「幸せだなぁ」って感じていていてほしいと思っています。
いつも エブリィの特集の玉子かけご飯を頬張る時みたいなあんな顔でいてもらいたいと思っているのです。


少し話は変わります。
エブリィの結弦さんの特集が終わってすぐアナウンサーさんがこんなことを言っていました。

「震災のあとは、皆が自分に何ができるか考えたと思うんですよね。羽生選手はスケートでしたけれども、それぞれの立場でできることをやればいいと教えられた気がしましたね。」

じつは私も似たようなことを思っていました。

震災があってしばらくは物資の支援やボランティアなどされた方も多かったであろうと思います。
3年半経ち、月日が流れたこと距離が離れていること、また生活の忙しさからとどう支援すればよいのかわからなくなったきていました?
自分の置かれた環境でも、きっとお手伝いできることがきっとあるはず、私もできることから、再び支援していけたらと思いました。

最後にアイスショーの後に託してくれた結弦さんメッセージをUPしておきます。

エブリィ 4 
エブリィ 5 
*ここから、先の文章と全て写真が、何らかのミスで消えてしまいました。時間があるときに治します。
 ご了承くださいませ…・。(泣き(T_T))



スポンサーサイト
[ 2014/09/06 ] 羽生結弦選手 | TB(0) | CM(2)

hiroさんへ

お返事遅くなり、ごめんなさい!m( _ _ )m

最近失敗ばかりで、この記事を投入するのに放送から一週間も経ってからの公開になってしまいました…。 もう誰も興味を持って読んでくれないかなぁ…と思っていましたが、hiroさんが読んでくださってコメントもくれて、うれしかったです。o(*º▽º*)oありがとうございます。 もうすぐ、フィン杯でnewな羽生選手の演技が見れるかもしれないですね。
とっても楽しみです。

放映権をテレ朝さんがとったらしいので、生放送期待しているのですが…早くみたいですよね!
衣装なんかも気になりますし。

伸びきったゴムは、新しいものにちゃんとすげ替えることはできたかな?
短い練習でも、頑張って集中できているかな?
心配つきませんが…彼のことだから それこそ死ぬような思いで頑張ってくれていることだと思います。

何はともあれ、怪我なく頑張れることを祈っています。
[ 2014/09/09 12:51 ] [ 編集 ]

羽生くん=震災

皆さんにも十分伝わっていることと思います。今僕が出来ることをしっかりやっていってと言っているので私達も自分にできることをやればいいのかな、なんて思いました。ボランティアや募金活動でも、困っている人がいれば手助けするだけでも。そんな気持ちだけでも大切ですね。羽生くんが言った「ありがとうって言えるくらいの感謝の気持ちを持っていれば、いつか絶対いいことがあるなって僕は信じています」って言葉、心打たれました。なまずやまさんも言ってますが、だからこそ金メダルをとったのではないかと・・。
今までの羽生くんも素晴らしかったけど、これからの新しい羽生くんにも期待したいですね。
応援するぞーっ!!
[ 2014/09/07 23:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yasuko46.blog.fc2.com/tb.php/65-8d4acb66


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。